バストアップクリームのバストアップの仕組み

バストアップのためにバストアップクリームを使う方はどんどん増えていますが、どういう仕組みでバストアップにつながっているかを正確に理解できている人は少ないのではないでしょうか。

では、なぜバストアップクリームを使うことでバストアップすることができるのかを簡単に解説してみようと思います。

バストアップクリームの中には女性ホルモンに働きかける成分と脂肪を増殖させる成分が含まれていて、それらの成分の働きがバストアップの肝となります。

バストに脂肪を付けるには、女性ホルモンが活発に分泌される必要があるため、女性ホルモンとバストアップクリームの関係は、効率よくバストアップする為には切っても切れないものなのです。

バストアップ成分がどのように働きかけているかというと、バストアップクリームに含まれるプエラリアという成分が、女性ホルモンのエストロゲンという成分を分泌させて、エストロゲンが乳腺を刺激することで乳腺が成長して、脂肪が付きやすくなります。

ただし、商品によって含まれる成分も異なるため、脂肪を着きやすくする成分が含まれない商品や、女性ホルモンに働きかける成分が含まれないこともあります。

ですが、基本的にバストアップクリームのバストアップの仕組みは上記に記載したものが基本となっているため、次からバストアップクリームを使用する際には、このことを思い出しながら使用することで効果が増すかもしれませんよ。

↑ ページの上部へ